世界遺産ホイアン

中部都市ダナンから南へ30キロほど下ったところに位置するのが世界遺産の都市ホイアンです。
ホイアンはかつてはフエ王朝時代に栄えた港町でした。
現在はその古き良き町並みが世界に認められて、1999年に世界遺産に指定されました。

ホイアンの町並みと観光客

ホイアンは外国人旅行客の拠点としても知られるダナンから車で約40分程の距離なので、気軽に行くことができるのが特徴です。
ちなみにダナンから同じく世界遺産のフエまでは約3時間なので、その差は圧倒的ですね。

ホイアンは外国人の中でも主に欧米人から絶大な支持を得ています。
日本の京都を思わせるような静かな道、木造建築の古めかしい平屋、ランタンが明かりを落とす淡い光、道を行き交うアオザイ女性。
欧米人からしてみるとアジアらしい歴史を今に残す景色なのでしょう。

私もホイアンはベトナムの中でも最も好きなエリアであり、日本人旅行者の方におすすめしたい場所でもあります。
ホーチミンは歩くと分かりますが、すでに巨大な都市となっています。
おびただしいバイク群と撒き散らす排気ガスのせいで、現地人は皆マスクをしているほどです。
公共の場所で大声でわめいて喧嘩する人や外国人を見るとぼったくりしか考えていない売り子。

そんなホーチミンに訪れて少々がっかりした人も少なくはありません。

しかしホイアンは先に説明したように、いたって静かな町が印象的です。歴史保存地区に指定されていることから交通規制もかかり、タクシーも走りません。
轢かれる心配なく道を歩けますし、現地人及び欧米人とも交流をすることができるでしょう。

ベトナム中部には「フエの建築物」、「フォンニャケバン国立公園」、「ミーソン遺跡」、そして「古き良きホイアンの町並み」と四つの世界遺産があります。
その中でもホイアンは異質な雰囲気を醸し出していて、東南アジアのエキゾチックなムードを感じることはもちろんのこと、ベトナムらしい観光を楽しむことができるでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP